温泉・外湯 hotspring

内湯Uchiyu

シャレー野沢の内湯は、病気の回復期に入浴すると効果があるといわれる「滝の湯」を使用しております。
単純硫黄泉のお湯は、微かに硫黄特有のにおいがあり、温泉情緒を感じさせてくれます。
湯冷めしづらい湯で、ゆっくり疲れを癒してください。

内湯
内湯
内湯
内湯
内湯
内湯
内湯
入浴施設 男湯:大浴場/女湯:小浴場
入浴時間 24時間入浴可能 ※清掃時間を除く
源泉名 滝の湯
泉 質 単純硫黄温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉 温 42.6℃
適応症 【一般的適応症】
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
【泉質別適応症】
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
補足事項
  • 温泉の供給量の不足を補うため加水しています。
  • 入浴に適した温度を保つため、貯湯槽を有し衛生管理の目的から加温しています。
  • 衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
  • 衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。

外湯Sotoyu

野沢温泉 湯めぐり
十三の湯をめぐる、湯のまち散歩

1200年以上の歴史を持つ野沢温泉。
13ヵ所ある共同浴場は誰もが入浴でき、それぞれ効能の異なる外湯巡りが楽しめます。
麻釜では今も地元の住人が野沢菜を洗う光景が見られ、野沢ならではの、ほのぼのとした温泉情緒が感じられます。

map
大湯 大湯

大湯

13の外湯の中で一番人気の外湯で、野沢温泉のシンボルとして親しまれています。温泉街の中心地にあり、江戸時代の趣を再現した湯屋建築が目を引きます。湯船は「あつ湯」と「ぬる湯」の2つの浴場に区切られ、単純硫黄泉を掛け流ししており、胃腸病やリウマチに効能があります。

滝の湯 滝の湯

滝の湯

木造のこぢんまりとした建物で、麻釜の源泉の少し上にあります。源泉は78度と高温で、病気の回復期に入浴すると高い効果が期待できるといわれています。

麻釜の湯 麻釜の湯

麻釜の湯

麻釜通りにあり、麻釜から直接源泉を引いた共同浴場です。糖尿病やリウマチ、痛風、神経痛などによく効くといわれています。またここだけで5つの源泉が湧出しており、地元の人々が山菜や卵を茹でる姿が見られ、「野沢温泉の台所」として活用されています。

真湯 真湯

真湯

温泉街の北側、つつじ山公園の入口にある外湯です。冷え性など体を温めると解消される病気に効果があるといわれています。

上寺湯 上寺湯

上寺湯

真湯から坂を下ったところにあり、歴史の古い外湯で麻釜から引湯し、特に火傷や切り傷、糖尿病の他に、おでき跡も治す効能があると言われています。

河原湯 河原湯

河原湯

大湯から少し下がったところにあります。昔は渓流沿いの河原にあったため、この名前が付けられました。湯はやや熱めで朝湯にピッタリで、夏に人気の温泉です。皮膚疾患に効能があるといわれています。

松葉の湯 松葉の湯

松葉の湯

民宿が集まる松葉民宿街の中心部にあり、その昔、矢場があった場所になります。湯の色は薄い乳白色で、麻釜の湯から引湯され、効能も麻釜とほぼ同じです。

秋葉の湯 秋葉の湯

秋葉の湯

民宿が集まる松葉民宿街の中心部にあり、その昔、矢場があった場所になります。湯の色は薄い乳白色で、麻釜の湯から引湯され、効能も麻釜とほぼ同じです。

十王堂の湯 十王堂の湯

十王堂の湯

斑山文庫の下にあり、閻魔堂前に建つ洋風の外観が特徴的な二階建ての浴場です(1階は女性用、2階は男性用)。麻釜と湯ノ宮から湯を引いています。

横落の湯 横落の湯

横落の湯

横落交差点坂道の地下にある小さな外湯。麻釜から湯を引いていて、効能は麻釜とほぼ同じです。皮膚病によく効くといわれ、多くの人々に親しまれています。

新田の湯 新田の湯

新田の湯

西ノ宮神社の裏手にある外湯。ライオンの湯口から温泉が注がれます。泉質は含芒硝-石膏・硫黄泉で、源泉の麻釜と同じく糖尿病、リウマチなどに効能が期待できます。

中尾の湯 中尾の湯

中尾の湯

外湯の中で、一番大きい木造湯屋建築が目を引きます。源泉は麻釜で、そこから引湯されています。婦人病、皮膚病によく効くといわれています。

お得に泊まれるプラン一覧はこちら
ページの先頭へ